2010年10月18日

【マイコミジャーナル】OpenOffice.org 3.3の新しいグラフ機能を使う

OpenOffice.org 3.3の新しいグラフ機能を使う

 オープンソースソフトウェアとして提供されている統合オフィスアプリケーションとしてはOpenOffice.orgが代表的な存在。Sun MicrosystemsがOracleに買収されてからOpenOffice.orgの行く末を心配する声も出ているが、Oracleは今後もOpenOffice.orgの開発を継続することを発表している。次のメジャーリリースはOpenOffice.org 3.3.0になる見通しで、現在ベータ版が公開されている。改善や機能追加が実施されているが、特にグラフ機能が強化された点に注目しておきたい。

 これまでOpenOffice.orgのグラフでは1段のみのラベルがサポートされていた。OpenOffice.org 3.3には多段ラベルの機能が実装されており、複数列または複数行の内容を多段階層化されたラベルとして描画できるようになった。2段に限らず複数段貼り付けることができる。またグラフに追加できるアノテーション用の画像も強化されており、従来よりも豊富な表現ができるようになった。

 変更点としては、グラフとしてのエリアが変わった点に注意しておく必要がある。従来はラベルまで含めた領域をグラフ領域として扱っていたが、OpenOffce.org 3.3からはラベルの部分がはずれ、グラフの部分のみが領域として扱われている。ラベルまで含めてあると、選択するフォントによって描画されるサイズが変わってしまうという問題がある。マルチプラットフォームでデータを扱う場合、これが原因で表示が崩れることにもなる。

 今回、グラフにより豊富なアノテーションオブジェクトを追加したこともあって、サイズを確実にフィックスする必要があることからラベルを対象領域から除外。従来よりもフォントの違いによる表示ずれの可能性が軽減されている。
posted by Office Mania at 14:14| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スラッシュドット.ジャパン】Oracle、LibreOffice 創設者の OpenOffice.org からの脱退を要求

Oracle、LibreOffice 創設者の OpenOffice.org からの脱退を要求

取引があるのでAC 曰く、
OpenOffice.org の組織を統率、管理する評議会である Community Council の 2010/10/14 の IRC Log によれば、Oracle 側がつい先日に立ち上げられた LibreOffice (IRC Log 中で LO と表記されているもの) および The Document Foundation (TDF) の創設メンバーに対して、Community Council からの脱退を求めているようだ (本家 /. 記事より) 。

ログからは非常に紛糾した様子が伝わってくるが、conflict of interest (利害対立) という言葉が何度も出てくることから、Oracle 側は LibreOffice と協力する気はなさそうだ。火曜までに緊急会合が開催されるようではあるが、もはや両者は袂を分かつ流れに見える。The Document Foundation は OpenOffice.org の商標譲渡を求めていたが、もはやそれどころではないだろう。
posted by Office Mania at 14:07| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft「OpenOffice糞すぎワロタ」

Microsoft「OpenOffice糞すぎワロタ」

1 ヒッキー(長屋)
マイクロソフト、OpenOffice.orgをけなす映像広告を公開
 Microsoftが「OpenOffice.org」を自社の「Office」スイートの大きな脅威と見なしていることが、最近公開された映像からうかがい知れた。
 「A Few Perspectives on OpenOffice.org(OpenOffice.orgに関するいくつかの考察)」と題されたビデオには、
オープンソースの生産性スイートを使ってみたものの、コストがかかったばかりでなく、
ITリソースやパフォーマンス、互換性といった問題に悩まされたという顧客たちの“おそるべき物語”がちりばめられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101015-00000000-cwj-sci


3 プイ(東京都) :
Kingsoft使え

71 カッパファミリー(東京都) :
>>3で終り

4 あおだまくん(チベット自治区) :
最近のMSは頭おかしい
まるで林檎

28 吉ギュー(チベット自治区) :
>>4
昔からだろ
躍起になってLinux叩きしてたの知らんのか

90 ののちゃん(catv?) :
>>4
リンゴほど頭おかしくなったら誰もMS買わんようになるわ。
リンゴは信者が何度もお布施するから生き延びれるけど。

258 タックス君(神奈川県) :
>>4
MSさんは最初から頭おかしいと思います。

9 Mr.メントス(catv?) :
まさか日本語文書作成にWord使う情弱はν速にはいないよな?

17 ちかまる(チベット自治区) :
>>9
TeXにきまってるだろ?

23 デラボン(中部地方) :
>>17
えっ…ジャストシステ…

77 トウシバ犬(dion軍) :
>>17
LaTeXだろ

78 カッパファミリー(東京都) :
>>9
一太郎だよな

171 パワーキッズ(関東・甲信越) :
>>9
Pubrisherだよな

174 ハーディア(鹿児島県) :
>>9
excelかwordの2択だったらwordだけど。

18 キタッピー(チベット自治区) :
続きを読む

posted by Office Mania at 12:18| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【COMPUTERWORLD.jp】マイクロソフト、OpenOffice.orgをけなす映像広告を公開

マイクロソフト、OpenOffice.orgをけなす映像広告を公開

 Microsoftが「OpenOffice.org」を自社の「Office」スイートの大きな脅威と見なしていることが、最近公開された映像からうかがい知れた。

 「A Few Perspectives on OpenOffice.org(OpenOffice.orgに関するいくつかの考察)」と題されたビデオには、オープンソースの生産性スイートを使ってみたものの、コストがかかったばかりでなく、ITリソースやパフォーマンス、互換性といった問題に悩まされたという顧客たちの“おそるべき物語”がちりばめられている。

 一連の顧客のコメントは文字として表示され、テンポよく画面上を流れていく。これらのコメントは、ナレーターがすべて読み上げてくれる。例えば米国の教育学区職員とされる人物は、「オープンソースのフリーウェア・ソリューションが不具合を起こした場合、だれが直してくれるのか?」と訴えた。

 また、別の教育機関関係者と思われる人物は、「OpenOfficeを使用してからMicrosoft Officeに戻ったところ、あらゆるところから文字通り安堵のため息が聞こえてきた」と述べている。

 ちなみに、このビデオに対するコメントは書き込めない仕様になっている。

 Microsoftはさまざまな面でOpenOffice.orgと競合しており、そのほかにもOracleの商用版製品や先日発表された「LibreOffice」などとライバル関係にある。

 Oracleは今週、ブリュッセルで開催される「ODF(Open Document Format) Plugfest」イベントに参加し、OpenOffice.orgのコードベース開発支援を続けることを宣言して、OpenOffice.orgへの関与を控えるのではないかという疑念の払拭に努めた。

 同社の広報担当者にMicrosoftの最新広告について意見を求めたが、回答はまだ得られていない。
posted by Office Mania at 11:29| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

KINGSOFT Office 2010 Standardフォント同梱パッケージ

KINGSOFT Office 2010 Standardフォント同梱パッケージ

KINGSOFT Office 2010 Standardフォント同梱パッケージが発売になります。

2010年10月22日からパッケージ版の発売が始まります。
今までは、ダウンロード販売のみでだったんですね。
てっきり、もう販売されているものと思っていました(ノ∀`)
自分は以前のバージョンからフォントを追加して同等にしたライセンスと、KINGSOFTさんから頂いたライセンスの2本を使っています。
先日もバージョンアップがあったし、もっともっと使いやすくなってくれればええですね(´∀`)

とりあえず、参考までに。
http://www.kingsoft.jp/
posted by Office Mania at 10:37| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【business network.jp】NTT東日本ブースに「光ソフトタウン」のアプリベンダー8社が集合

NTT東日本ブースに「光ソフトタウン」のアプリベンダー8社が集合

池袋サンシャインシティで開催されているビジネスコミュニケーション東京2010(BCT2010)。NTT東日本は、自社のSaaSポータルサイト「光ソフトタウン」にアプリケーションを提供するベンダー8社をブースに集めた。

光ソフトタウンは、1ライセンスごとに月額料金で利用できるソフトを紹介するポータルサイト。ユーザーはパッケージとして購入すると高額なソフトを、使いたいときに使いたいだけ利用できる。

集まったアプリベンダーは、キングソフト、ジャストシステム、インフュージョン、メディアナビ、ソースネクスト、マインドシステム、クロスランゲージ、アーク情報システムの8社。

キングソフトは「Microsoft Office」と互換性のある統合オフィスソフト「KINGSOFT Office2010 Standard」を展示。作成したファイルをMicrosoft Officeの利用者と共有できることをアピールした。

ジャストシステムは、イラスト素材集「アレンジOK!素材集2」を出展。人のイラストの表情や服装、角度などを変えることができるため、無限大のイラストを作れるという。

インフュージョンの在庫管理システム「在庫スイート3 on フレッツ」は、製造ロットやロケーションまで把握できるため、在庫管理の効率を高めるソフトだ。

メディアナビは、画面キャプチャソフト「撮メモ movie」を出展。静止画だけでなく、動画もキャプチャでき、業務マニュアルの作成などに最適だという。

ソースネクストは、ウイルスセキュリティ対策の定番ソフト「ウイルスセキュリティ on フレッツ」を展示。1ライセンス月額350円で利用できることをアピールした。

マインドシステムは、デジタルサイネージのコンテンツを制作するソフト「こだわり!電子看板」を展示。初心者でも4ステップで作成・運営できるテンプレート素材集を用意していると強調した。

クロスランゲージの翻訳ソフト「翻訳ピカイチ for フレッツ」は、専門用語も網羅した520万語を搭載。無料翻訳ソフトでは得られない翻訳品質と使いやすさが売りだという。

アーク情報システムは、迷惑メール対策ソフト「SPAMSNIPER POP on フレッツ」を用意。迷惑メール検知率97.99%、迷惑メール誤検知率0.03%と高い性能を備えることをアピールした。
posted by Office Mania at 10:28| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

LibreOffice betaをインストールして日本語化してみた

LibreOffice betaをインストールして日本語化してみた

StarDivision→Sun→Oracleと渡り歩いた結果,無料のオフィススイートである「OpenOffice.org」の作者たちがOracleから離反して完全にOpenな「LibreOffice」というオフィススイートを作るんだそうです.現在のところ,アイコンと名称が違うくらいでOpenOffice3.3betaとほぼ同じプログラムのようです.
OpenOfficeを買収したoracleから開発陣が出ていって,完全にfreeでopenなオフィススイートを作ろうということのようです.名称についても「OpenOffice.org」という名前を使うことをoracleに要請しているとのことですが,当面の間は「LibreOffice」という名称で行くようです.
そして,OpenOffice.orgから出て「The Documento Foundation」を作ったようです.

現在のところ,Windows,GNU/Linux,GNU/Linux(64bit),Mac OS Xとソースコードがダウンロード出来るようです.とりあえずダウンロードしてインストールしてみました.

 LibreOffice3.3betaは英語版なので,日本語ランゲージパックと日本語用のアドオンを入れると見やすくなります.日本語ランゲージパックはOpenOffice3.3beta用のをインストールしました.インストールの際にフォルダをLibreOfficeに指定することでインストール出来ました.日本語ランゲージパックを適用するとメニューが日本語になります.
 また,OpenOffice用の日本語アドオンをインストールしてみました.

まだOpenOffice.orgはアンインストールしていませんが,OpenOfficeそのもののような感じがするので早い時期に移行できそうですね.
posted by Office Mania at 11:14| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Word編 ショートカット:罫線を簡単に入力する方法

Word編 ショートカット:罫線を簡単に入力する方法

あるある!こんな悩み
Wordで罫線を引くこと、よくありますよね。例えば、区切り線として用いたり、目立たせたい部分を罫線で挟んで強調したり・・・。そんな罫線、みなさんはどのように引いていますか? ハイフンやアンダーバーを横いっぱいにつなげる、なんて方もいらっしゃると思いますが、今回は、驚くほど簡単に罫線を引く方法をご紹介。こんな裏技があるんです!


そんなとき!解決法は?

実線(1本線)
線(1本線)の罫線の引き方です。
日本語入力をオフにした状態で、ハイフン〔-〕を3つ入力し、〔Enter〕を押します。
すると、入力した『---』が罫線に変換されます。
他にも、入力するキーを変えれば、さまざまな罫線を引くことができます。
(以下も、日本語入力オフでの罫線の引き方です)

二重線
イコール〔=〕を3つ入力し、〔Enter〕を押すと、二重線を引くことができます。

三重線
シャープ〔#〕を3つ入力し、〔Enter〕を押すと、中央の線が太い三重線を引くことができます。

点線
アスタリスク〔*〕を3つ入力し、〔Enter〕を押すと、点線を引くことができます。

波線
〔~〕を3つ入力し、〔Enter〕を押すと、波線を引くことができます。

いかがでしたか? 思わず、これ知ってる? と人に教えたくなるような裏技。ぜひマスターして、周囲の人を驚かせてみてくださいね!
posted by Office Mania at 10:42| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マイコミジャーナル】マイクロソフト、Office 2004/2008 for Macの更新プログラムを公開

マイクロソフト、Office 2004/2008 for Macの更新プログラムを公開

マイクロソフトは12日付けでMicrosoft Office 2004/2008 for Mac関連の更新プログラム・ツールを公開した。公開されたのは、「Microsoft Office 2008 for Mac 12.2.7 更新プログラム」「Microsoft Office 2004 for Mac 11.6.1 更新プログラム」「Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」「Open XML File Format Converter for Mac 1.1.7」の4本。いずれもWebサイトからダウンロードできる。

「Microsoft Office 2008 for Mac 12.2.7 更新プログラム」は、安定性の強化とセキュリティ上の脆弱性の修正を行うもの。ファイルサイズは337MB。あらかじめ、Microsoft Office 2008 for Mac Service Pack 1 (12.1.0)が適用されたシステムが対象となる。

「Microsoft Office 2004 for Mac 11.6.1 更新プログラム」は、セキュリティ上の脆弱性を修正する。ファイルサイズは17MB。Microsoft Office 2004 for Mac 11.6.0 更新プログラムがインストールされている必要がある。

「Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」は、Exchange Server 2007との連携における予定表機能の向上、メモ/仕事/分類のExchange Serverとの同期を可能にするもの。ファイルサイズは64MB。この更新プログラムの導入にはMicrosoft Office 2008 for Mac 12.2.7が必要で、機能を利用するにはExchange Server側がMicrosoft Exchange Server 2007 Service Pack 1の更新プログラムのロールアップ4以降を適用されている必要がある。

「Open XML File Format Converter for Mac 1.1.7」は、Office 2008 for MacやWindows版のOffice 2007/2010で作成されたファイルをOffice v.X/2004で開くためのコンバータの最新版。ファイルサイズは45MB。対象はOffice v.X 10.1.9以降、Office 2004 11.4.0以降。
posted by Office Mania at 10:22| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

【PConline】グンと身近になったOffice for Mac 2011を速攻チェック

グンと身近になったOffice for Mac 2011を速攻チェック

 2010年10月27日(水)に発売される「Office for 2011 for Mac」の Home and Business版とAcademic版には、Mac版としては初の「Outlook」が搭載されている。
 今回は「Outlook」に注目して、新製品の特徴を見ていこう。

Outlook、Office for 2011 for Macに登場
 Macユーザーにとって、「Outlook」はかなりヘンなソフトだと思うので、最初にこのソフトの位置づけを整理しておこう。

 多くのWindowsユーザーにとって「アウトルック」と言えば「Outlook Express」のことだ。何しろ、Windowsの標準メーラーとして、全世界で圧倒的な人数が使っている。
 「Outlook」は「Outlook Express」の上位ソフトだから機能豊富なメールソフトなのかというと、微妙に違う。もちろん、メールソフトでもあるのだが、それよりも業務管理ソフトの側面の方が大きい。
 単なるメールソフトとして使うならシンプルな「Outlook Express」、Mac OS Xでいうなら「Mail」の方が扱いやすい。
 Outlookの特徴は、メール機能よりも、予定表、連絡先管理、仕事管理、メモなどのPIM(個人情報管理)機能にある。

 さらに重要なのは、「Exchange Server」の標準クライアントであるということだ。

 Exchange Serverとは、マイクロソフト製のグループウエアだ。多くの企業で、メールや予定表、連絡先の共有、携帯やWebからの社内データベースへのアクセスサポートなどを目的に導入されている。

 つまり、Outlookがなければ、社外から社内へのアクセスが難しいという状況があるため、Outlookは必須の業務用ソフトとしては君臨しているのである。

 「Office for Mac 2001」から搭載されたMac用の個人情報管理ソフト「Microsoft Entourage」は当初、Mac版Outlook ExpressにPIM機能を追加しただけのメールソフトであり、ビジネスユースとしては力不足だっだ。その後、アップデータでExchangeにクライアント対応したが、今回いよいよ真打ちとして、Windowsと共通した使い勝手の「Outlook」が登場した。
 Mac版の「Outlook」は、当然、Exchange Serverに対応している。
posted by Office Mania at 12:32| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村

[PR]互換性No.1総合オフィスソフトはココ!

マイクロソフトパワーポイント互換・無料マイクロソフトワード互換・無料マイクロソフトエクセル互換・無料

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。