2010年10月14日

LibreOffice betaをインストールして日本語化してみた

LibreOffice betaをインストールして日本語化してみた

StarDivision→Sun→Oracleと渡り歩いた結果,無料のオフィススイートである「OpenOffice.org」の作者たちがOracleから離反して完全にOpenな「LibreOffice」というオフィススイートを作るんだそうです.現在のところ,アイコンと名称が違うくらいでOpenOffice3.3betaとほぼ同じプログラムのようです.
OpenOfficeを買収したoracleから開発陣が出ていって,完全にfreeでopenなオフィススイートを作ろうということのようです.名称についても「OpenOffice.org」という名前を使うことをoracleに要請しているとのことですが,当面の間は「LibreOffice」という名称で行くようです.
そして,OpenOffice.orgから出て「The Documento Foundation」を作ったようです.

現在のところ,Windows,GNU/Linux,GNU/Linux(64bit),Mac OS Xとソースコードがダウンロード出来るようです.とりあえずダウンロードしてインストールしてみました.

 LibreOffice3.3betaは英語版なので,日本語ランゲージパックと日本語用のアドオンを入れると見やすくなります.日本語ランゲージパックはOpenOffice3.3beta用のをインストールしました.インストールの際にフォルダをLibreOfficeに指定することでインストール出来ました.日本語ランゲージパックを適用するとメニューが日本語になります.
 また,OpenOffice用の日本語アドオンをインストールしてみました.

まだOpenOffice.orgはアンインストールしていませんが,OpenOfficeそのもののような感じがするので早い時期に移行できそうですね.
posted by Office Mania at 11:14| Office全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村

[PR]互換性No.1総合オフィスソフトはココ!

マイクロソフトパワーポイント互換・無料マイクロソフトワード互換・無料マイクロソフトエクセル互換・無料

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。